ニュース

【30日投与制限】2016年10月14日からデパス、アモバンが向精神薬に指定

ざっくりまとめ

2016年10月14日より、デパス、アモバンとそれらのジェネリック医薬品が、向精神薬に指定されます。

また、30日の投与制限が課せられることとなります。

アモバン、デパス 向精神薬に指定へ

2016年10月14日より、アモバン、デパスが向精神薬に指定されます。また、30日の投与制限(注追記:投与制限がかかるのは、2016年11月1日から)となります。
いままでは、投与制限なく処方できていた薬なので、チェック漏れが無いように注意しましょう。

指定の背景

ひとことに言ってしまえば、乱用がひどすぎたってことですね。

普通薬ですが、向精神作用がそれなりにある薬なので、医師の把握できないところで、乱用や悪用が結構ありました。
いままでは制限がないが故に、比較的手軽に大量に手に入ってしまったから、横流しが後を立たなかったってのもあります。

10月14日以降気をつけること

下記の3点注意して起きましょう。

  • 30日以上は調剤できない。
  • 加算の設定
  • 薬の保管位置を変える

30日以上の処方日数の処方箋がきてしまった場合、疑義照会となりますので、注意して起きましょう。
患者さんとのトラブルを防ぐために、よく処方される薬局では予めポスター掲示するなどして、周知を促すとよいかもしれません。

また、向精神薬加算を取ることができるので、きちんと設定して起きましょう。

薬の保管位置も注意です。向精神薬は、それらだけで独立して保管する必要があり、また、鍵のかかる棚に入ってたほうが無難だと思います。

スポンサーリンク