ニュース 自主回収

ジゴキシン錠0.125mg「NP」の自主回収(クラスII)の影響について

ざっくりまとめ

2019年1月23日 ニプロ株式会社は、ジゴキシン錠 0.125mg「NP」の自主回収(クラスⅡ)を決定した。

対象となるのは、使用期限内の全製品である。

詳しくは、ニプロ株式会社ニュースリリース→ジゴキシン錠 0.125mg「NP」 自主回収のお知らせ自主回収のお知らせ

同日、ブロチゾラム錠0.125mg「NP」&0.25mg「NP」の自主回収もニプロ株式会社は決定している。詳細はこちら→ブロチゾラム錠0.125mg「NP」&0.25mg「NP」自主回収(クラスII)の影響について

ジゴキシンとは?

強心配糖体製剤であり、複数のメーカーから販売されている。
先発や後発の区分がない薬に指定されており、2019年1月現在、0.25mg、0.125mg、0.0625mgの錠剤すべてどのメーカーも1錠9.6円である。

自主回収の影響

ジゴキシン錠0.125mgはニプロ株式会社だけでなく、アルフレッサ ファーマが販売するジゴキシン錠0.125mg「AFP」、太陽ファルマが販売するジゴシン錠0.125mgが、市場に出回っているので、それらに切り替えればよいと思われる。

スポンサーリンク