法規・制度・倫理 薬学基礎知識

DPC制度

DPC制度とは

DPC制度とは、包括医療費支払い制度のことである。
すべての医療機関で実施されているわけではなく、対象となる病院が限られている。

DPCとは、「Diagnosis(診断) Procedure(診療行為) Combination(組み合わせ)」の略であり、診断群分類(病名)ごとに、1日あたりの入院費が定められており、それをもとに医療費計算が行われる。

対する計算方法は、出来高払いであり、実施した医療行為・診療内容に応じて、医療費が積みあがっていく制度。

DPC制度採用病院においても、手術などは出来高払い制度であり、DPCと出来高払いを組み合わせることがほとんどである。


引用:厚生労働省 DPC制度の概要と基本的な考え方

DPC制度のメリット

得られるお金が決まっているので、無駄のない効率的な医療の追求を図れること、DPC採用病院から得られたデータにより、医療の平準化を行うことができるなどのメリットがあります。

スポンサーリンク

Leave a Comment