ニュース 自主回収

エピナスチン塩酸塩DS1%小児用「日医工」自主回収(クラスII)の影響

ざっくりまとめ

日医工株式会社が製造販売する、アレジオンドライシロップ1%のジェネリック医薬品【エピナスチン塩酸塩DS1%小児用「日医工」】について、平成31年4月4日付で、100g(バラ)品のロットD00100(期限:2021 年 5 月)、2,007 個 をクラスII自主回収することを決定した。

理由は、法定表示事項の不足。

関連するニュースリリース

日医工株式会社ニュースリリース→エピナスチン塩酸塩DS1%小児用「日医工」自主回収に関するお知らせとお願い
厚生労働省回収情報→医薬品回収の概要(クラスII) エピナスチン塩酸塩DS1%小児用「日医工」

エピナスチン塩酸塩DS1%小児用「日医工」とは?

アレジオンドライシロップ1%のジェネリック医薬品。
アレルギー性鼻炎,蕁麻疹,皮膚疾患(湿疹・皮膚炎,皮膚そう痒症)に伴うそう痒を効果効能とし、通常、小児に対して用いられます。

エピナスチン塩酸塩DS1%小児用「日医工」 回収の原因

回収の原因は、2018年11月1日~2018年12月14日に出荷した、100gバラ品 ロットD00100(2021年5月)について、直接容器への【法定表示事項の不足】が原因です。
薬そのものになにか原因があるわけではなにので、健康被害は考えにくいでしょう。

エピナスチン塩酸塩DS1%小児用「日医工」 回収の影響

今回の回収対象は、1ロットのみであるので、供給不安定になる可能性はあるが、この薬がすべて消え去るということではないので、影響は軽いと考えられます。

スポンサーリンク

Leave a Comment