第102回 薬剤師国家試験

【問123-102回】薬剤師国家試験問題と解説

一般薬学理論問題【衛生】

50歳代の夫婦が、家庭菜園で栽培したナスを入れたスパゲティーを食べたところ、ふらつき、ろれつがまわらない、意識混濁などの症状を呈し、救急外来を受診した。摂取したナスは、チョウセンアサガオに接木して栽培したとのことであっ た。このナスに含まれるチョウセンアサガオ由来の有害成分として考えられるのはどれか。2つ選べ。

  1. アコニチン
  2. アミグダリン
  3. スコポラミン
  4. チャコニン
  5. ℓ-ヒヨスチアミン

3、5

スポンサーリンク
【2020、2021年卒業薬学生へ】新卒社長に興味ありませんか?
E-BOND様新卒社長バナー
スポンサーリンク
【2020、2021年卒業薬学生へ】新卒社長に興味ありませんか?
E-BOND様新卒社長バナー

問123解説

【スコポラミン】【ℓ-ヒヨスチアミン】である。
どちらも、ナス科のチョウセンアサガオに含まれる。

なお、アトロピンは、dℓ-ヒヨスチアミンのことである。

スポンサーリンク

Leave a Comment