第104回 薬剤師国家試験

【問1-104回】薬剤師国家試験問題と解説

必須問題【物理】

親核種よりも原子番号が1つ小さい娘核種を生成する放射壊変はどれか。1つ選べ。

  1. α壊変
  2. β-壊変
  3. β+壊変
  4. γ転移(核異性体転移)
  5. 自発核分裂

スポンサーリンク
【2020、2021年卒業薬学生へ】新卒社長に興味ありませんか?
E-BOND様新卒社長バナー
スポンサーリンク
【2020、2021年卒業薬学生へ】新卒社長に興味ありませんか?
E-BOND様新卒社長バナー

解説

1 誤

α壊変

α崩壊とも。
α粒子を放出して崩壊する。
α粒子とは、ヘリウム原子のことであり、α壊変を1回おこすと、「質量数は4・原子番号は2減少した原子核」をもつ元素となる。

2 誤

β-壊変

中性子が電子(ベータ粒子)と反電子ニュートリノを放出して陽子になる壊変。
原子番号は1つ増える。

3 正

β+壊変

陽子が陽電子(ベータ粒子)と電子ニュートリノを放出して中性子になる壊変。
原子番号は1つ減る。

4 誤

γ転移(核異性体転移)

励起状態の親核種が、余分なエネルギーをγ線として放出し、安定な娘核種となる現象。
原子番号は変化しない。

5 誤

自発核分裂

質量数大きな同位体に生じうる、原子核分裂と同じような過程で起こる現象。
中性子などの粒子による外部からのエネルギーを受けずとも始まる点が、原子核分裂反応と異なる。

関連問題

【問3-102回】

スポンサーリンク