物理 薬学基礎知識

理想気体の状態方程式

pV=nRT
p:圧力
V:理想気体が占める体積
n:物質量
R:モル気体定数
T:熱力学温度

実在気体

実在気体は、気体分子自身に体積があることや、気体分子間に分子間力が発生しているため、状態方程式には従わない。

しかし、
気体密度が小さくなる、つまり低圧のとき
分子間力を無視できるくらい、分子の運動が盛んなとき、つまり高温のとき
には、状態方程式に近づく。

関連問題

【問4-103回】薬剤師国家試験問題と解説

スポンサーリンク